スペイン語でトウモロコシを何て言う?

  1. スペイン語会話・一覧

辞書でトウモロコシをスペイン語で何というか調べると簡単に単語が出てきます。しかし中米ではトウモロコシも呼び方がその過程により何通りにも変わるんです。

今回は興味深いその名前を見ていきましょう。

会話

Magalí: Ya estamos en noviembre. Viene la temporada de elote, ¿verdad?

もう11月ね。やっとトウモロコシの時期が来たわね。

Camila: Si. Todos los años esperamos esta tamporada. Por cierto, mi amigo dice que ya tiene elotes en su casa. A ver, ¿cuándo vamos?

そうね。毎年この時期が待ち遠しいわ。そういえば私の友達がもう収穫したトウモロコシがあるって言ってた。いつ行く?

Magalí: Este fin de semana me parece bien, ¿a tí?

今週末はどうかな?

Camila: Está bien. ¿Cómo quieres que preparemos elotes? ¿Asado o cocido?

いいわね。トウモロコシは焼きと茹でたのとどちらがいい?

Magalí: Las dos cosas. Es que me encanta de cualquier manera. Si pudiera, quiero que guarde un poco de maíz para la masa.

両方がいいわ。だってどっちも好きなんだもん。できればマサのためのトウモロコシも取り分けておいてくれると嬉しいわ。

Camila: Le voy a decir para que nos guarde un poco entonces.

じゃあ少し取り分けておいてもらえるように言っておくわね。

過程によって変わるトウモロコシの呼び方

辞書で調べて一番最初に出てくるのがeloteです。新鮮で柔らかい状態で収穫して、茹でたり炭火で焼いたりして食べます。

maíz 

特に粒状になったトウモロコシのこと。スウィートコーンのことはmaiz dulce

mazorca

新鮮で柔らかい状態を通り越し乾燥したトウモロコシ。

masa

トウモロコシを茹でてつぶしてペースト状になったもの。トルティーヤを作る元。

nixtamal

乾燥したトウモロコシの粒を石灰と一緒に茹でたもの。ペースト状の前の状態。

おわりに

同じトウモロコシでも過程によってこんなにも呼び方が変わるなんて面白いですよね。

雨季の終わりから乾季が始まる10月中旬から11月が新鮮なトウモロコシの時期と言われています。機会があればぜひ味わってくださいね。

無料体験実施中!スペイン語なら、マンツーマンレッスン

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全なスペイン語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(スペイン語勉強)

ESPAスペイン語教室de勉強

スペイン文学の世界③

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!中南米は文学の宝庫…。本屋で中南米小説を探しているユリカは、目移りしているようです。さっそく今日の会話をのぞいてみま…

365日毎週届く無料のスペイン語メルマガ
開く(購読無料)