スペイン語で褒めるタイミングは…①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

小さなことも盛大に褒めるスペイン人のスタイル。どんなに長く現地に住んでいても、日本人のユリカにはなじめないようです…

スペインは褒める文化

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

会話

María: ¡Qué guapa estás hoy! Pareces una actriz.

今日はずいぶんお洒落をしているわね!女優さんかと思ったわ。

Yurika: No me digas eso, no estoy tan guapa. Antes de nada, yo no soy guapa…

お世辞はやめてよ。そんなに素敵じゃないってば。もともと美人じゃないし…

María: Anda, ya llevas bastante tiempo en España, pero todavía no aceptas un cumplido.

なんだ、こんなに長くスペインに住んでいるのに、まだ褒められ方も知らないのね。

Yurika: No estoy acostumbrada a las alabanzas.

褒められるのって慣れていないのよ。

Como soy japonesa, siempre siento que la modestia es una virtud.

日本人だし、いつも謙虚さは美徳だって思っちゃうのよ。

María: Solo tienes que responder algo como “gracias, tú también”.

シンプルに「ありがとう、あなたも素敵よ」とか言えばいいのよ。

Cuando alguien te dice algo bonito, tienes que sentirte feliz.

褒められた時は喜ばなくちゃ。

Yurika: Ya sé que es la costumbre en España, pero… yo soy japonesa.

スペイン流はそうだって分かっていてもね…私は日本人なのよ。

María: Un tigre no puede borrar sus rayas aunque las lave.

虎の縞模様は洗っても落ちないってわけね。

¿No te sientes incómoda con tanta modestia?

でも、そんなに遠慮ばかりしていて疲れないの?

Yurika: Pues, no. Nunca podré presumir de ser guapa.

べつに疲れないわよ。そう私は美人ですよね、なんて誇らしげに言えないわ 。

María: Tampoco somos tan creídos.

スペイン人だってそこまで図々しいわけじゃないわよ。

Simplemente agradecemos que nos recuerden algo bueno de nosotros.

単に良い点を指摘してくれたことに感謝するだけよ。

Yurika: Vale. Aunque no estoy acostumbrada a que me digan esas cosas, ya soy capaz de alabar a alguien.

そうね。褒められるのには慣れていないけれど、誰かをほめるのはずいぶん上手になったのよ。

María: Eso es lo más importante para sobrevivir en España.

スペインで生き延びるには、それが一番大事なことよ。

Yurika: Pero últimamente, cuando veo a mis amigas japonesas, me dicen que yo les hago demasiado la pelota.

でもこのごろ日本人の友達に会うと、私が大げさに人をほめすぎだって言われるのよね。

この一言で壁を超える

cumplido

褒めことば

ESPAスペイン語教室de勉強

alabanzas」も同じく、賞賛という意味。動詞は「alabar」になりますね。

日本人でも人によっては褒め上手な人もいますが…スペイン人がもはや「褒め攻撃」と言えるレベルで人をほめます。

そして「いや、そんなことないですよ」と謙遜しようものなら、「なぜ私のcumplidoを否定するの!?」と言わんばかりに、さらに褒められます…慣れるしかありません。

そして負けずに相手のいいところを見つけて、褒めまくりましょう!

褒め言葉への返答

dice algo bonito

嬉しいことを言ってくれる

褒めれることも含め、気持ちが明るくなるようなことを何かしら言われたときに、「me dice algo bonito(私に何か素敵なことを言ってくれる)」という表現が使えます。

励ましてもらったり、前向きになれる言葉をかけてもらえた時の意味ですね。

褒め上手なスペイン人は、もちろん「decir algo bonito」もとても上手。

誰でも「どこから引っ張ってきたのか分からないけれど心に響く格言」の引き出しを、たくさん持っているようです。これは見習いたい!

つ・ぶ・や・き

ESPAスペイン語教室de勉強

自然に相手をほめる、褒められたら素直に喜ぶ…これができれば、スペイン人との人間関係はほぼ成功です。

うまく言葉が返せない時は、褒められてうれしそうにニコッと笑うだけでも「褒められ上手」。

あまり慣れすぎると、日本に戻った時に「褒め方がアグレッシブだ」と驚かれることもありますね。

どちらの「褒め文化」をライフスタイルに取り入れるかは、あなた次第!

スペイン語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全なスペイン語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(スペイン語勉強)

ESPAスペイン語教室de勉強

レシピのスペイン語

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【レシピ】です。実際のスペイン料理のレシピを見ながら、レシピで使われるさまざまなスペイン語の単語や表現を勉…