スペイン語の便利な慣用表現①

  1. スペイン語単語・活用

どんな言語を学ぶにも、最初に頼るのはやっぱり辞書ですよね。しかし、いざネイティブの人との会話となると一筋縄にはいかないものです。

その中でも特に引っかかってしまうのが慣用表現。今回は覚えておいて損はない慣用表現を見てみましょう。

会話

Karla: ¿Es primera vez que preparas comida española?

スペイン料理をするのは初めて?

Yoko: Si. ¿Hay algo que salió mal? Díme sin pena.

そうよ。なにかまずい所があれば遠慮なく言ってね。

Karla: Realmente estoy sorprendida. No puedo creer que esa es la primera vez. Creo que diste en el clavo.

いや、本当にびっくりしちゃって。初めてだなんて信じられないわ。ちょうどいい味だもの。

Yoko: ¿De verdad? Me siento tan contenta.

本当に?すごく嬉しいわ。

Karla: Y ¿cómo aprendiste? ¿Alguién te enseño?

どうやって学んだの?誰かに教えてもらったの?

Yoko: No. Estuve viendo recetas en internet y buscando videos, alli aprendí de cada página.

ネットでレシピを見てビデオを探して、それぞれのサイトから少しずつ取り入れたの。

Karla: Ese sabor me recuerda a mi abuela. Por eso te digo que diste en el clavo.

この味は祖母を思い出すな。だからちょうどいい味って言ったの。

Yoko: Me alegra que te haya gustado. Ahora con confianza puedo ofrecer a otros.

気に入ってくれてよかった。これで自信をもってほかの人にも勧められるわ。

Dar en el clavo の使い方

この慣用表現の意味は”当てる、正しい答えを出す”、スペイン語で言い換えると acertar に相当します。

どんな場面に使えるでしょうか?例えば…

Tu comida no está muy salada ni muy dulce, creo que diste en el clavo.

この料理は辛すぎず甘すぎず、ちょうどいい味を出してる。

Diste en el clavo. Esa es la respuesta que esperaba.

その通り。期待していた通りの答えだ。

もちろん acertar を使っても間違いではありませんが、日常会話では頻繁に使われるとても馴染みのある表現です。

おわりに

なんで釘という言葉が使われているんだろうと不思議に思うかもしれませんが、じつはこの慣用表現の背景にはスペインの昔の遊びが関係あるようです。

言葉の起源まで調べてみると、一層強く印象に残って覚えやすくなるかもしれません。

スペイン語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全なスペイン語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(スペイン語勉強)

365日毎週届く無料のスペイン語メルマガ
開く(購読無料)