スペイン語の意味・文法

受動態とスペイン語①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

バーベキューに招待されたユリカ。お目当ての和食材は、スペインで売られているのでしょうか?

さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

バーベキューへの招待

María: Enhorabuena: has sido invitada por la Sra. Gómez.

おめでとう。あなたはゴメス夫人に招待されたわよ。

Yurika: ¿La Sra. Gómez? ¿Quién es?

ゴメス夫人?それ、誰なの?

María: Ja ja ja, es mi madre. Acabo de ser informada por ella de una barbacoa para este fin de semana.

ハハハ、わたしの母よ。今週末にバーベキューをするからって、今連絡が来たのよ。

Se me ha pedido que te lleve a la barbacoa.

あなたも一緒に連れてきてくれって頼まれたの。

Yurika: Se te ha pedido… ¿por qué quieren que vaya yo?

一緒にって…どうして私に来てほしいのかしら?

María: Les gusta la comida japonesa. Se espera de ti que lleves algún alimento curioso de Japón.

日本食が好きだからね。あなたが何か日本の食べ物を持ってきてくれると、期待しているのよ。

Yurika: Se me considera una buena cocinera de teppanyaki… pero ¿qué llevaré para que se queden contentos?

わたしを鉄板焼きの一流シェフだと思っているのね…でも、何を持っていったら喜んでくれるかな?

María: No te pongas tan seria. Sólo con ir acompañada por ti será suficiente para que todos estén contentos.

そんな深刻にならないでよ。一緒に来てくれさえすれば、それでみんな喜ぶんだから。

Yurika: Ah, tengo una buena idea. El yaskisoba, un plato de fideos fritos, es muy usado en Japón en las barbacoas.

あ、いいことを思いついた。焼きそばよ。麺を焼くの。日本でバーベキューの時によくやるわ。

No sé si se venden en España…

スペインで販売されているかどうか知らないけれど…

María: En una tienda de alimentos orientales que está abierta todo el día, el otro día vi varios tipos de fideos fritos.

一日中開いているオリエンタルフードのお店で、前に色々な麺が売られているのを見たわよ。

Yurika: Es verdad. Espero que también se venda salsa para yakisoba.

そうね。焼きそばのソースも売っているといいな。

María: Si no los encontramos, freiremos pasta en lugar de fideos de Yakisoba.

もし見つからなければ、焼きそばの代わりにパスタを焼きましょうよ。

Yurika: Una vez lo intenté, y la verdad es que no salió bien.

一度それをやってみたけどね、あまりうまくいかなかったのよ。

この一言で壁を超える

Has sido invitada por la Sra. Gómez.

あなたはゴメス夫人に招待されました。

まずは基本的な受動態の作り方。文型は「ser動詞+過去分詞+por~」で、「~によって・・・される」です。

完了過去で表現したい時は、こちらの例文のように「haverの活用形+sido(serの過去分詞)+過去分詞+por~」となります。

Se venden en España.

スペインで売られています。

動作主を具体的に特定しないけれど、文型は「れる・られる」の受動態。こんな現象が日本語ではよく見られます。

スペイン語でこれにあたるのが、「se」を使った表現。無理やり直訳すると「人はスペインで売ります」となりますね。

つ・ぶ・や・き

受け身文の基本形は「ser 過去分詞 por」。また使う動詞によっては、「ser」ではなく「estar」を使う文もあります。

例えば「Todo está guardado en el ordenador.(全部パソコンに保存されています。) 」

文型自体はシンプルですが、受動態を使うタイミングが日本語と違う時もあります(「se」の表現など)。

まずは基本文型から、着実に使いこなしてゆきましょう。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP