スペインの日常生活

スペインのエコロジー事情①

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!

スペインは毎日がごみ回収日。資源のリサイクルはできているのでしょうか?さっそく今日の会話をのぞいてみましょう!

ごみの捨て方

Yurika: He tirado la basura… así acaba un día más.

ごみを捨ててきたわよ。これでまた一日が終わるのね。

María: Gracias por hacerlo, aunque hoy me tocaba a mí…

ありがとう、今日は私の番なのに…

Yurika: No es nada, era muy poco. Pero el contenedor de cartón estaba lleno y me ha costado mucho meterlos dentro.

いいわよ、少しだけだったし。それにしてもダンボール用のごみ収集箱が一杯で、ごみを入れるのが大変だったわ。

María: Parece que un vecino ha comprado bastantes cosas por internet, y ha tirado un montón de cajas de cartón.

ご近所さんがネット通販で色々買い物をしたみたいよ。それで梱包用の段ボールを捨てたのよ。

Yurika: Además había muchos vidrios en el suelo, qué peligroso y qué feo.

それにビンがたくさん落ちていて、危ないし汚かったわ。

María: Los vidrios hay que tirarlos al contenedor verde; qué ciudadanos tan mal educados.

ビンは緑色の収集箱に入れなくちゃいけないのにね。無教養な住民だわ。

Yurika: Yo siempre aplano los cartones de leche para que quepan más en el contenedor amarillo. Pero parece que aquí muy poca gente lo hace.

わたしはいつも、黄色の収集箱に捨てる野に、牛乳パックをつぶすのよ。でも、ここではあまりそういう習慣がないみたいね。

María: Yo tampoco lo hacía hasta que te conocí. Los japoneses son muy responsables con el medioambiente.

私もあなたと住むまではやっていなかったわよ。日本人て、生活環境に責任感があるわよね。

Yurika: No sé… pero en Japón la recogida selectiva de basura es más estricta.

そうかしら…まあ日本のごみ回収システムは、もっと厳しいわよ。

María: Me has dicho antes que no se puede tirar basura todos los días, sólo se puede tirar algunos días de la semana específicos.

ごみを毎日捨てられないって、前に言っていたわよね。決まった曜日にしか捨てられないって。

Yurika: Depende del municipio, pero en bastantes sitios se hace así.

地区によるけれどね。多くの場所ではそんな感じよ。

Además no está permitido tirar objetos voluminosos como en España, hay que reservar un servicio especial para ello.

それに、スペインじゃあるまいし、粗大ごみを勝手に捨てられないのよ。専用の窓口に申し込まないといけないの。

María: Qué bien organizado… aquí muchas veces vemos muebles abandonados en el sitio de la basura normal.

よく整備されているわよね…ここでは家具が普通のごみ捨て場に、よく放棄されているのにね。

この一言で壁を超える

tirar objetos voluminosos

粗大ごみを捨てる

家具や大きな道具を捨てる場合、スペインでもリサイクル専門業者への委託が奨励されているようです。

とはいえ、多くの粗大ごみが、一般のごみ・資源の回収場所に放棄されていることがほとんどです。

recogida selectiva de basura

ごみの分別回収

スペインのごみ収集場所には、色とりどりの「contenedor(おおきな箱)」が設置されています。

ビン、段ボール、ペットボトル、缶、紙をそれぞれ分別し、指示された色の箱に捨てるというシステム。

夜の8時から12時までが捨てる時間、回収時間は夜中の2時前後が多いようです。

★つ・ぶ・や・き★

もう10年以上昔に、マドリッドでピソをかりて学生生活を送っていた頃、朝の散歩で、楽しみといえば「ゴミ捨て場の粗大ごみチェック」でした。

ラジカセ、小さな棚、台所で使う踏み台など、まだまだ使える新品同様のアイテムを見つけてはリサイクル。ピソに持ち帰り、重宝したのも懐かしい思い出です。

土曜日曜で掃除をして、いらなくなったものとして捨てられていたのでしょう。野外の回収所なので、雨が降ってしまうと台無しですが、天気の良い週明けは狙い目です!

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP