スペイン語講座

動詞“hacer”を使った天気の表現

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは、【天気】です。

動詞 ”hacer” を使った、天気にまつわるいろいろな表現を勉強していきましょう。「いい天気」、「暑い」、「風が吹いている」…これらは全て動詞 ”hacer” で表すことができます。

天気の表現

Juan : ¿Tienes algún plan este fin de semana?

今週末、何か予定がある?

Taro : No. ¿Por qué?

ないよ。どうして?

Juan : Si hace buen tiempo, iré a la playa con José. ¿Te vienes?

天気が良かったら、ホセとビーチへ行くつもりなんだ。君も来る?

Taro : Sí, voy. Como hace mucho calor, quiero nadar.

うん、行くよ。暑いから、泳ぎたいな。

動詞”hacer”の使い方

動詞 ”hacer” は「つくる」や「する」などさまざまな意味で使われますが、天気を表現するときにも使われます。

天候を表現するときは、『無主語にhacer+名詞』の形で、3人称の活用形で表されることが一般的です。

では、どんなふうに使われるのか、例文を見てみましょう!

Hace buen tiempo

Hace buen tiempo.…天気がいい。

 “tiempo”は「天気」という意味の名詞です。形容詞「いい」を表す ”bueno” は、単数男性名詞の前にくるときに ”o” がとれるので注意してください。

「とてもいい天気」と言いたいときには ”bueno” を修飾する副詞 ”muy” を使って ”Hace muy buen tiempo.” とします。

反対に、「天気が悪い」を表すときは ”Hace mal tiempo.” となります。

応用で、「どんな天気?」と聞くときには ”¿Qué tiempo hace?” と言います。

¿Qué tiempo hace en Barcelona?…バルセロナはどんな天気?

Hace calor

Hace calor.…暑い

動詞 ”hacer” と「暑さ」という意味の名詞 ”calor” を使用します。

「とても暑い」というときには ”calor” の前に形容詞 ”mucho” をつけて強調し ”hace mucho calor.” と表します。

反対に「少し暑い」と言いたいときは ”un poco” をつけて ”Hace un poco de calor” とします。

他にも以下のような表現があります。

Hace frío.…寒い

Hace fresco.…涼しい

Hace sol

Hace sol…晴れている

名詞“sol(「太陽」)”を使って表現します。「風がある」と言いたいときには ”Hace viento.” と言います。名詞は単数形で冠詞がつかないので、気をつけてくださいね。

おわりに

いかがでしたか? ”hacer” を使った天気表現でした。日本語とはちがう言い方なので、とてもおもしろいですね。

次回も引き続き、天気にまつわる表現方法を勉強していきたいと思います。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP