学習方法・ポイント

スペイン語での手紙の書き方

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは「手紙」です。

最近はメールやアプリケーションによるメッセージのやりとりが増えていますが、心のこ もった手紙を受け取るというのは、やはり嬉しいものです。

それでは、スペイン語で手紙の書き方を勉強しましょう!

スペイン語での手紙の書き方

(Taro ha recibido la carta; 太郎は手紙をもらいました。

1 de julio de 2015

2015年7月1日(本来は右に寄せて記入)

Querido Taro:

太郎へ

¡Hola! ¿Qué tal estás? Yo estoy muy bien.

やあ、元気?僕はとても元気だよ。

Estoy muy contento de que hayas venido a visitarme a Madrid.

マドリードへ僕を訪ねにきてくれて嬉しかったよ。

Espero que te lo hayas pasado bien.

楽しんでくれたといいけど。

Vuelve cuando quieras, que mi familia y yo estaremos esperándote.

僕の家族も僕も君を待っているから、いつでも好きなときにまた来てね。

Por cierto, el mes que viene iré a un concierto en Barcelona así que nos vemos pronto. Bueno, seguimos en contacto.

そういえば、来月バルセロナであるコンサートへ行くから、また近いうちに会おう。連絡をとろうね。

Un saludo,

じゃ、よろしくね。

Adrián

アドリアン

日付

最初に手紙を書いた日付を入れましょう。注意するのは、日本語と順番が逆であること。

日にち→月→年の順になります。日付のあとに、場所(都市名)を入れる場合もあります。

あて名

日本語の手紙でも「~様」や「~さんへ」と相手の名前に敬称をつけますね。

スペイン語でも同じです。上の例文にあるのは ”Querido”。訳すると「親愛なる」という意味で、親しみをこめた言い方になります。

相手が女性の場合は、女性形に変化させて ”Querida” としてください。

フォーマルな場合は”Estimado/a” が使われます。

内容

あて名を書いた後は、日本語で書くのと同じように「元気?」と始めるのが自然です。

相手の様子を聞いて、自分の近況にも少し触れましょう。その後、伝えたい内容を続けていきます。

結び

文末は、「また会おう」や「また連絡するよ」などと結びましょう。最後に、日本語の「拝啓」のような意味で、自分の名前の前にあいさつを入れるのが一般的です。

Un saludo” や ”Saludos” がよく使われます。よりフォーマルな場合には ”Atentamente” や ”Cordialmente” にかえましょう。

またよりカジュアルな場合は、親しみをこめて ”besos(キス)” や ”Un abrazo fuerte(強いハグ)” が使われます。

おわりに

いかがでしたか?形式に沿ってしまえば、スペイン語で手紙を書くのだって簡単です。みなさんも手紙を書いてみましょう!

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP