スペイン語の”ir”

さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動詞ir現在形」。

マリアとユリカの住むアパートは、秋まっただ中のようです。早速二人の会話を覗いてみましょう。

コートを出そう

María: Cada vez va haciendo más frío…Voy a sacar mi abrigo ya.

だんだん寒くなってきたわ。コートを出そうっと。

Yurika: ¿Vas al cuarto del armario? Cuidado, allí el suelo está resbaladizo, no te vayas a caer.

棚のある部屋に行くの?気をつけて。あそこは床が滑りやすいから転ばないようにね。

María: ¡Ay! Casi se me van los pies. ¿Por qué aquí el suelo está tan deslizante?

わ!転ぶところだった。どうしてこの床はこんなに滑るの?

Yurika: Porque cae agua del aire acondicionado, y todavía está mojado.

 ここにエアコンからの水が漏れているからよ。まだこぼれてきてるわ。

María: Bueno, vamos a secarlo con un paño. ¡Vete, agua! ¡Vete!

いいわ、雑巾で乾かしましょう。あっち行け、水!あっち行け!

Yurika: Parece que así va bien. Voy a secar yo también.

上手くいきそうね。私もやるわ。

María: Pues, qué edificio tan mal hecho y viejo. Parece que se va a ir abajo ya pronto.

まったく、この建物は造りが悪くて古いのよ。そのうち崩壊するわ。

Yurika: ¡Vamos! Luego hablamos con el dueño.

元気出して!あとで大家さんに話しましょう。

ワンポイント

ir a

~するつもりだ

もうすっかりおなじみの「近未来」表現ですね。未来形よりも実行が確実で、時間の近い未来の予定を伝える時に使います。

María: ¿Qué vas a hacer este fin de semana?

今週末は何をするつもり?

Yurika: Voy a la librería. Luego tomaré algo en un bar cerca de allí.

本屋に行くわ。そのあとは本屋の近くのバルにでも寄ろうかしらね。

ir+現在分詞

~しつつある 

日本語の「だんだん~になってくる」にあたる表現です。「ir+過去分詞」では「~の状態にある」となり、状況が固定している意味になります。

María: Va siendo cada vez más popular estudiar inglés en España.

スペインでは、英語の勉強がだんだん流行りつつあるわ。

Yurika: Eso es bueno. Dentro de la UE los españoles van atrasados en inglés.

いいことね。EUの中でスペイン人の英語力は遅れているもの。

irse

出ていく、帰る

命令形の「¡Vete!」という使い方が、よく耳にされます。同じく命令形で「¡Vámonos!」では「さあ行こう!」という意味です。

María: Hace tan buen tiempo… aire fresco, el sol brillando, el cielo sin nubes…

こんなにいい天気…さわやかな空気、輝く太陽、雲ひとつない空…

Yurika: Hay que aprovechar un día tan bonito fuera. ¡Vámonos!

こんな日は外で楽しまなくちゃ。さあ出かけましょう!

ir bien

上手くいく

実際どこかに行くわけではなくても、物事が順調に「進む」意味で「行く(ir)」を使います。この動詞感覚は日本語と同じですね。

María: Faltan dos semanas para el examen de mi licencia. ¿Qué puedo hacer ahora?

資格試験まであと2週間しかない。今何ができるかしら?

Yurika: Lo mismo que haces siempre. Así todo irá bien.

いつも通りすごしなさいよ。そうすれば何だって上手くいくから。

つ・ぶ・や・き

基本的な語彙ほど、用途が広く、派生する意味も豊富な物ですね。「ir」もその一つ。多く使われるからこそ、活用も複雑になります。

覚えるのに時間のかかるのが不規則動詞・・・。でも学習が難しい分、この先便利に使えるのです!

関連記事

  1. “des-“のつく色々な単語

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「des-のつく色々な単語」。冷…

  2. 接続法を使った“依頼・予測”の表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「接続法を使った“依頼・予測”の表現…

  3. スペイン語の”忘れた”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「“忘れた”の色々なパターン表現…

  4. スペイン語の”インスタントラーメン用語”…

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「語ろう、インスタントラーメン!」。…

  5. “tal”を使った色々な表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「talを使った色々な表現」。夏…

  6. スペイン語の”動作の段階を表す動詞句”

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「動作の開始・持続・終結を表す動詞句…

  7. ストラテジー表現

    さあ、今日も元気にスペイン語でコミュニケーション!今回のテーマは「ストラテジー表現」。聞き上手の…

  8. スペイン語の”por”と”p…

    スペイン語の前置詞のporとpara、とても混同しやすいクセ者です。みなさんはどのように使い分けるか…

PAGE TOP