独学で、スペイン語を学ぶ人へ、役立つスペイン語を提供するニュースサイト

スペイン お土産

 グルメなスペイン土産を買うなら…?

 

 1.『グルメなスペイン土産を買うなら… バージンオリーブオイル』

スペイン旅行でグルメなお土産を買うなら何がおすすめかというと、断然「バージンオリーブオイル」
所謂オリーブ系ですが、スペインはオリーブオイルのの生産量がなんと世界一!
その為、スペインのグルメなお土産と言えば「オリーブオイル」という方も少なくありません。
日本では珍しいオリーブオイルや、さまざまな種類のオリーブオイルを置いているのも、スペインならでは。
さっぱりタイプのものからフルーティなものまで、いろんなオリーブオイルがあるので、見ているだけでも楽しくなっちゃいそうです。

オリーブオイルの中でもっとも質が良いものと言えば、「エキストラバージンオリーブオイル」
皆さんも耳にしたことがあると思いますが、このエキストラバージンオリーブオイルは、一番搾りの果汁のみで作られているもの。
新鮮ですし、健康にも良いことで日本でも人気があります。

2.『グルメなスペイン土産を買うなら… ワイン・リキュール』 

スペインといえばワインも有名なので、お土産に最適ですね。
ただ液体の手荷物は機内持ち込みが難しいので簡単には持ち帰れませんが、預けてでも「買いたい!」という方は少なくありません。
(760ml3本までなら免税範囲で日本に持ち込めます)

当然、日本では売っていないワインも数多くありますから、自分用にも欲しいですね。
もちろん、ワインだけでなくリキュールも人気。
ワインやリキュールはスーパーでも簡単に買えますから、ぜひお土産に選んでみて下さい。

ちなみに人気のワインは、リオハ地方の「グランン・レセルバ」
熟成タイプの赤ワインで、お土産には最適。
他にも、デザートワインや白ワインも人気。
渋めのお酒を買いたい方は、「蒸留酒」などもおすすめです。

値段は、普通のスーパーで2ユーロ程度。
良い品質のお酒なら、10ユーロ前後以上、白ワインなら5ユーロ辺りになります。

 

3.『グルメなスペイン土産を買うなら… インスタントセット』 

オリーブオイルやワインはスペイン土産の定番ですが、インスタントセットもおすすめのお土産の1つ。
なかでも、米のインスタントセットは人気があり、お土産に最適です。

というのも、スペイン料理と言えば、皆さんもご存知「パエリア」
家でも本格的なパエリアを作ってみたい~!という方は、こういったお米のインスタントセットがおすすめです。
かわいいパッケージに入っているのも良いですし、スーパーなどでも手軽に購入できるのが嬉しいですね。

パエリア以外にも、イカ墨ご飯のセットやフィデウアなど種類も多く、自分用に買うのもGOOD。
こういったセットはお土産に役に立つので、ぜひ探してみてほしいですね。

ちなみに、大手のスーパーやグルメ食品店では、高確率で売っています。
値段も、6~7ユーロ程度になります。
観光客目当てのレストランでも購入できますが、スーパーや食品店のほうが美味しいインスタントセットが手に入りやすいんだそう。

4.『グルメなスペイン土産を買うなら… アーモンド』

スペインと聞いて「アーモンド」を思い浮かべる方は少ないと思いますが、なんとスペインはアメリカに続いてアーモンドの生産国なんです!
世界第2位ですから、たくさんのアーモンドが生産されているのは頷けます。

アーモンドといってもいろんな種類がありますが、スペインで主に生産されているアーモンドは、「マルコナ」「ラルゲタ」「プラネタ」の3種。
なかでもマルコナのアーモンドは甘味が強いので、おやつ感覚で食べることができお子さんにもおすすめ。

小型のスーパーでも売っているので、購入しやすいのもお土産には嬉しいですね。
ちなみに、小型スーパーでは袋入りで2ユーロ程度で購入できます。

もちろん、これらのアーモンドが入っているチョコレートなどもお土産におすすめ。
特にマルコナのアーモンドが入ったチョコは絶品!と人気。
マルコナの甘さとチョコの甘さが相まって、より濃厚なチョコレートになっています。

5.『グルメなスペイン土産を買うなら… 魚介類の缶詰』 

スペインは魚介類も美味しいところですから、魚介類の缶詰なども、お土産におすすめ。
新鮮なスペインの海の幸をギュッと詰め込んでいるので、帰国後も美味しいスペインの魚を堪能することができます。
また、缶詰でも高品質なので、新鮮な味は逃げません。
お酒が好きな方や、スペイン料理を作りたい方は、ぜひ買ってみてほしい商品です。

ちなみに、スペインでは缶詰=保存食ではなく、高級食品扱いになります。
もちろん手軽に購入できる値段の缶詰もありますが、10ユーロ以上のものもあり、さまざま。
日本ではどうしても保存食になりがちな缶詰ですから、スペインに言ったら驚くのではないでしょうか。

おすすめは、「メヒジョネス・ア・ラ・エスカベチェ」や「ボケロネス・ア・ラ・ビナグレタ」など。
酢漬けなので、ワインやお酒のおつまみにも最適な缶詰です。

shutterstock_142777252

6.『スペインの工芸品をお土産に①』 

スペインには、ワインやグルメのお土産以外にも、工芸品のお土産もおすすめです。
各地方でさまざまな工芸品がありますから、地方ごとにお土産はチェックしてみましょう。

まずは、「陶器」
日本にも伝統的な陶磁器はたくさんありますが、もちろんスペインにもあります。
有名なブランドから、知名度は低いけれど素朴でかわいいものから、いろんなデザインの陶器があるので、見ていて楽しくなるかも。
ここでしか手に入らない逸品を見つけても良いですし、定番のものを見つけても◎。
お土産には最適ですね。

ちなみに、よく見かけるのはダラナダ焼きという青い花模様の皿。
アンダルシア地方の手書きの陶器で、皿以外にも時計や壁掛けなどもあります。
これらは大都市の土産物店で売っており、小皿でも5ユーロ程度で購入できます。

他にも、鉄細工士やぶどうの収穫の様子をモチーフにしたタイルの壁飾りもお土産におすすめ。

7.『スペインの工芸品をお土産に②』

女性におすすめのお土産は、やはり「金銀細工」
高級感があり、また軽いので、かさばらずお土産には最適ですね。

デザインは繊細なものが多く、シンプルな金銀ですから、アクセサリー好きな女性には大変喜ばれるお土産だと思います。
また、スペインならではのデザインと模様なのも、GOOD。
お土産には、やはりその地方でしか手に入らないものが良いので、こういった金銀細工は定番中の定番。
いろんなお土産物店で購入できますが、大都市であれば比較的どのお店も売っています。
ただ品揃えが多いのは地方なので、地方に旅行された際は、一度お店で探してみて下さい。

値段は、10ユーロから。
いろんな模様の金銀細工があるので値段はさまざまですが、物によっては高くなる場合もあります。
地方に行くと、もしかしたらもっと安い金銀細工もあるかもしれませんね。

8.『スペインの工芸品をお土産に③』 

スペインでは、皮革製品もお土産に人気。
とてもクオリティが高いので、自分用としても欲しくなる品ばかり。
最近では大手メーカーの影響で減ってきているようですが、それでも手作りの皮革製品を売っているお店はあります。
特に地方に行くと、その地方ならではの皮革製品が手に入ると思います。

おすすめは、財布やキーケースなどの小物類。
かさばりませんし、お土産には最適。
やはりこういった製品は“毎日使ってもらえるもの”が良いので、大きなものよりも財布やキーケースなどの小物などのほうが、お土産には喜ばれると思います。
ちなみに、値段はさまざまですが、キーホルダーなどは20ユーロくらいからになるようです。
デパートや土産物街などで見つけることができます。

バルセロナの旧市街にある若手デザイナーのショップなどもおすすめです。
各地方のお土産物店をぜひ見てみて下さい。

9.『スペインのスーパーでお土産を買おう オリーブ類』 

お土産の購入におすすめなのが、スーパー。
いろんな物が揃っていますし、手軽に購入できるので、やはり観光客には人気があります。

そこでここでは、スペインのスーパーでお土産を買うならこれ!
という、おすすめの商品を紹介したいと思います。

まずは、スペインと言えば“オリーブ”
オリーブ生産が世界で第1位と言われているだけに、スーパーでは当たり前のように置いています。
定番中の定番ではありますが、やはり喜ばれるお土産の1つですね。

特に、お酒を飲まれる方には、オリーブのお土産はGOOD。
大体、1~3ユーロ程度で購入できます。
袋入りや缶詰、瓶入りなどさまざまですが、お土産には安全性を考えて缶詰が良いかもしれませんね。

ちなみにオリーブ類で人気があるのは、皆さんもご存知「アンチョビ」
日本でもスペイン製のアンチョビを購入できますが、やはり本場で買うのが一番です!

shutterstock_166509395

10.『スペインのスーパーでお土産を買おう お菓子類』 

お土産と言えば、お菓子類も定番ですね。
スーパーならいろんなお菓子が売っていますし、種類も豊富なので、お土産にまとめて買うとGOOD。

なかでもおすすめのお菓子が、チョコやポテトチップス。
ポテトチップスには驚きかもしれませんが、スペインにしかない味のチップスは、やっぱりお土産として買いたくなりませんか?
スペイン人は特にポテトチップスが大好きですから、味も豊富ですし、お土産にはもってこいです。
おすすめのフレーバーは、“生ハム”。
こんな珍しいフレーバーもあるので、お土産には買わずにはいられません。
もちろん自分用にも…(笑)

チョコレートは、やはりその国その国も味があるので、お土産には定番ですね。
外国のチョコレートには癖があるので好き好きありますが、お土産にはつい選んでしまいがち。
スーパーにはいろんなスペインのチョコが売っているので、見てみてはいかがでしょうか。

11.『スペインのスーパーでお土産を買おう コスメ類』 

女性には、コスメ類もおすすめのお土産の1つ。
スペインはオリーブの生産が世界第一位なので、オリーブを使ったコスメがおすすめですね。
日本でもスペイン産のオリーブを使ったコスメがありますから、馴染みはあるはず。
また、オリーブは保湿性にとても優れていますから、乾燥肌で悩んでいる方には、ぜひコスメをお土産にしてあげて下さい。
海外製はコスメ1つ1つも量が多いので、1つでも十分長持ちするでしょう。

他にも、アーモンド油を使ったコスメなどもおすすめ。
ボディミルクやハンドクリームなど、液体のものよりもクリーム系がお土産には適していますね。
スペイン人にも人気があるので、これはチェックせずにはいられません!

人気の商品は、スーパーメルガドーナの商品。
アロエのボディオイルや敏感肌でも安心して使えるシャワージェルなどが特に人気のようです。

12.『スペインのワインを買うなら…』 

スペインと言えば忘れてはいけないのが、「ワイン」
ワインというとどうしてもフランスを思い浮かべがちですが、フランスに続いて生産量が多いのがスペインなんです。
その為、お土産には大変おすすめ。

ただワインなどの液体は機内に持ち込みができないので、必ずスーツケースに入れること。
そして、かさばらないものを選ぶようににして下さい。
また割れ物ですから、買う時は店の人に頼んでしっかり梱包してもらって下さいね。

では、おすすめのワンショップを紹介しましょう。

●ラビニア
フランスに本店があり、地方でも支店を構えているお店です。
国内ワインや世界中のワインを販売しています。

●ヴィラヴィニカ
バルセロナにあるワインショップで、レストランやバルなどでよく見かけるワインを置いています。
日本への郵送サービスもあり。

●コルマード・キレス
バルセロナ老舗のお店で、ワインの他に食品も売っています。
蒸留酒も充実。

13.『スペインでお土産を買うなら“のみの市”①』 

スペインと言えば、蚤の市!
ということで、お土産におすすめの蚤の市を紹介したいと思います。

まず、蚤の市とは、その名の通り朝市です。
スペインは休日になるとほとんどの店が閉まってしまいます。
そんな中、唯一買い物が楽しめるのが、「蚤の市」

蚤の市ではたくさんの露店が並び、観光客はもちろんのこと、地元の人で溢れ返します。
売っているものは、本や雑貨、古着などさまざま。
ここだけですべての買い物が終えるのでは?というくらい、充実した商品でいっぱいです。
掘り出し物もあるので、ゆっくり回ってお気に入りのものを見つけるのも良いかも。

市場なので気軽に足を運べますし、気軽に行って掘り出し物が見つかったら嬉しいですよ。
ですから、スペイン旅行には蚤の市は欠かせません!

ただ最初でも言った通りスペインは休日店がほとんど閉まっているので、旅行前にきちんと計画を立てることも大切です。

14.『スペインでお土産を買うなら“のみの市”②』 

蚤の市の楽しみは、いろんな露店が出ていること以外にも、売っている価格よりも安く買えるかどうかです。
いわば「値切り」ですが、蚤の市では定番だそうですよ。
日本でいうところの大阪のような感じでしょうか?(笑)
値切って通常より安く買えることも多々あるようです。
思わぬ品が思わぬ値段で…なんてことも?!

もちろん、値切るにはそれなりにスペイン語を話せなければ意味がありません。
そこで覚えておきたい言葉が、

「クアント クエスタ」(いくらですか?)
「エス ムイ カロ」(高すぎます)
「マス バラト ポル ファボール」(もっと安くして下さい)

値切るにはやはり上記の言葉は覚えておく必要がありますね(笑)
でないと、値切ることはできませんから。

あとは、「メ ケド コン エステ」(これを下さい)も覚えておきましょう。

ただし、値切りに夢中でスリや泥棒には気をつけて下さい。
海外では、日本人は狙われやすいですからね。

15.『スペインでお土産を買うなら“のみの市”③』

蚤の市に行ったら、こんなお土産がおすすめ!
掘り出し物が多い市場だからこそ、お土産に最適です。

◆オリジナルのポスター

ここでしか手に入らないものと言えば、ポスター。
ポスターなんてどこでも手に入るじゃん!と思うかもしれませんが、ここで売っているポスターは他とは違います。
というのも、オリジナルのポスターにおじさんがスタンプで名前を入れてくれるのです。
よくあるポスターも、こうやって名前を入れてもらうことで一気に世界で1つしかないポスターに大変身。
恋人の名前や大切な人の名前を入れてお土産にいかがですか?

値段は、6ユーロ。
こんなに素敵な思い出が6ユーロでOKなんて、ラッキーですね。

ちなみに、そのままのポスターでも、ネームを入れた後はきちんと筒に入れてくれるようです。
スペインのポスターはとてもオシャレなので、旅の記念に、そしてお土産におすすめです。

shutterstock_182068856

16.『スペインならではのアイテムをお土産に①』

せっかくスペインに旅行をしたのならば、スペインならではのお土産を買うのが一番ですね。
日本でもスペインの食品や、あの「ZARA」なんかもスペイン発祥のお店で馴染みがありますが、それでもスペインならではの物はお土産には最適。

ここでは、“スペインならでは”のおすすめのアイテムを紹介したいと思います。

◆扇子やショール

女性におすすめのスペインのお土産が、扇子やショールなどです。
フラメンコをモチーフにした模様やイラストなどを主に売っており、まさにスペインならではのアイテム。
柄も、ポップなものからカジュアルなものまでいろいろありますから、相手が好みそうなデザインを選んでお土産にすると良いでしょう。
値段は、フラメンコショップなどで扇子は8ユーロ程度。
ショールは10ユーロから売っています。
もちろん、フラメンコ産地(アンダルシア)以外でも売っていますので、各地方で扇子やショールは購入することができます。

17.『スペインならではのアイテムをお土産に②』

①でフラメンコという単語が出ましたが、フラメンコはスペインのアンダルシア地方でとても有名です。
ですので、フラメンコに関するグッズも、お土産にはおすすめ。
まさに、スペイン!って感じがしますしね。

そんなフラメンコの雰囲気をたっぷり味わえるのが、“フラメンコのCD”
特にアンダルシア地方に行かれた方ならば、欠かせないお土産の1つ。
CDを聞くと、旅行の時を思い出すかも?

フラメンコギターは、コンサートも行われるほどのスペインの芸術の1つです。
なかでもパコ・デ・ルシアは、スペイン人なら知らない人はいない?と言われているほど、有名な人。
そして、最高峰のギタリストです。

CDも販売しており、大都市の音楽関連ショップなどで、購入することができます。
音楽は国境を超えると言いますし、もしアンダルシアに行かれた際は、チェックしてみて下さいね。

18.『スペインならではのアイテムをお土産に③』

スペインならではのアイテムと言えば、建築やアート写真集などもおすすめ。
そこでしかない芸術をそのまま詰め込んでいるので、お土産には最適ですね。

また、スペインと言えばピカソやアントニオ・ミロなど、有名な画家の出身地でもありますから、写真集や画集などは、要チェック。
特に、絵画が好きな方には、大変喜ばれるお土産だと思います。
ミュージアムショップや観光名所などの近くで販売していますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
値段は、大体20ユーロ~。

ちなみに、スペイン・バルセロナグエル公園では、モザイクが定番です。
もしバルセロナに行かれた方は、しっかり写真に収めて帰りましょう。

また、スペインには建築物や美術館もありますから、興味のある方は要チェック。
もちろん、お土産物も売っているので、お土産に見てみると良いでしょう。

19.『“モノ”以外のお土産~写真~』

旅行でお土産を買うのは定番ですが、モノ以外のお土産はないのだろうか?
と考えると、思い浮かんだのが「写真」
最近はデジイチやデジカメでもいろんなタイプがありますから、写真1枚でも雰囲気のある写真を撮ることができます。
それをアルバムにしたりポストカードにしたりして、お土産にするのも良いのではないでしょうか。

写真は思い出の1つですから記念になりますし、残るものなのでお土産に最適です。
それだけではちょっと…という方は、小物類をプラスしても良いですね。

写真は風景などがおすすめ。
写真だけでも雰囲気は伝わってくるので、ぜひこの案、使ってみて下さい。

写真以外でしたら、ビデオなども良いですね~。
土産話にも花が咲きますし、動画なので写真よりもダイレクトに旅行の良し悪しが伝わってきます。

あくまで「案」ですので、参考までにどうぞ。

20.『“モノ”以外のお土産~土産話~』 

モノ以外のお土産と言えば、そう、「土産話」もあります。
もちろん、土産話だけというのは難しいかもしれませんので、写真やビデオを見ながら、土産話をするのもヨシ。
簡単なお土産を渡す時に、ゆっくり家やカフェなどでお土産話をするのもヨシ、土産話は会話に花も咲きますから、おすすめです。

とはいえ、口下手で思うように土産話ができない…。
という方もいるでしょう。
そんな方は、たくさん写真を撮り、ブログなどにアップすると良いかも。
簡単な説明などを加えると、それだけで十分土産話になります。
ブログはいろんな方が見ていますから、いろんな人に土産話ができるので、旅行の時は役に立つのではないでしょうか。

また、最近は自分のブログを1冊の本にすることも可能です。
思い出に残しておきたい!という方は、1冊の本にするのも良い案かと思います。

関連記事