スペイングルメ・食文化

スペインの国民食ボカディージョ

¡Hola todos! みなさんこんにちは。今回のテーマは【ボカディージョ】です。

ボカディージョ」とは、スペイン人にとっ て欠かせないグルメとなっている、スペイン風サンドイッチのことです。それでは、「ボカディージョ」について見ていきましょう!

ボカディージョ

Taro : ¡Qué hambre! Esta mañana no me ha dado tiempo para desayunar.

ああ、お腹がすいた!今朝は朝ごはんを食べる時間がなかったんだ。

Juan : ¿Vamos a la cafetería? Allí picamos un bocadillo.

じゃあ、カフェへ行くかい?ボカディージョでもつまもうか。

Taro : Sí, vamos. Quiero uno grande de jamón y queso.

うん、行こう。ハムとチーズの大きいやつが食べたいな。

Juan : Jajaja…Eres un glotón, Taro.

ははは、太郎は大食いだなあ。

ボカディージョって?

【スペイン風サンドイッチ】

スペイン人の毎日の生活に欠かせない「ボカディージョ」。

フランスパンのバゲットを半分に割って、ハムなどさまざまな具材を挟んで食べるスペイン風サンドイッチのことです。

日本で言う「おにぎり」のような存在で、朝ごはんとしても、軽食としても、生活のありとあらゆる場面で食べられています。

【いつでも、どこでも】

家庭で作ることもあれば、カフェやバルで頼むこともできます。街中には、老舗のボカディージョ専門店もあります。

外では2~4ユーロほど(2016年6月現在のレートで235~470円)でお手軽に買うことができ、日本人にぴったりのハーフサイズを提供しているお店もあります。

テイクアウトをして、ピクニック気分で屋外で食べるのもおすすめです。

種類

一口にボカディージョといっても、種類はさまざまです。

サラミや生ハム、チキンなど肉類を挟んだものから、チーズを挟んだものまで、それぞれの好みに合ったボカディージョがあります。

スペイン風オムレツ ”tortilla(トルティージャ)” を挟んだボカディージョも人気です。

マドリード名物のボカディージョ

スペイン全土で食されているボカディージョですが、マドリードの名物となっているボカディージョも存在します。

その名も ”bocadillo de calamares”。 直訳の「イカのボカディージョ」という名前通り、イカフライを挟んだボカディージョのことです。

香ばしいパンと、カリカリのイカフライのコンビネーションが絶妙です。

バルやカフェで食べることができるので、マドリードに訪れた際には是非食べてみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?スペインのソウルフード、ボカディージョでした。

スペイン旅行の際には、さまざまな味のボカディージョを楽しんでみてください。お気に入りのボカディージョが見つかるかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP