「味」を表現するスペイン語

  1. 観光で覚えるスペイン語

海外旅行に出かけたら、楽しみなのが現地のグルメ。地元の伝統料理を味わうことで、その土地の文化を知ることができますよね。

さて、料理を食べるとさまざまな味覚を感じますが、あなたはその味の違いをスペイン語で表現できますか?

会話

レストランでエミさんとディエゴさんがメニューを見ながら話しています。

Emi:¡Ay! ¡Qué hambre tengo! A ver qué pido.

ああ、お腹が空いた!何を注文しようか。

Diego:¿Pedimos unos cuantos entrantes para compartir?

まずは前菜をいくつか頼んでシェアしようか。

Emi:Vale.

そうだね。

Diego:¿Qué te parece si pedimos cebiche y tataki de atún?

そうだな、セビッチェとマグロのたたきはどう?

Emi:De acuerdo con lo del maguro, pero ¿qué tipo de plato es el cebiche?

マグロは賛成!でも、セビッチェっていうのはどういう料理なの?

Diego:Son verduras y mariscos marinados en lima o limón. Es un poco ácido.

野菜や魚介をレモンやライムに漬けたマリネだよ。少し酸っぱい味がする。

Emi:Suena bien. Venga, lo pedimos también.

おいしそう。じゃあ、それも注文しよう。

Diego:Pone que el tataki de atún lleva salsa de soja dulce. También hay patatas bravas, que son un poco picantes.

マグロのたたきは甘い醤油ソースがかかっているんだって。あと、ちょっと辛めのパタタス・ブラバスもあるよ。

Emi:También tienen que estar ricas. Vamos a pedir las tres cosas.

それもおいしそうだなぁ。3品ともオーダーしちゃいましょうよ!

※パタタス・ブラバスは、ポテトフライのこと。トマトとパプリカにチリペッパーを加えてピリ辛に仕上げたソースがかかっている、スペインタパスの定番料理です。

ここに注目!

Es un poco ácido.

少し酸っぱいです

son un poco picantes

少し辛いです

味は「ser動詞またはestar動詞+形容詞」の形で表現します。

この会話文の中では「Es un poco ácido(少し酸っぱい)」「son un poco picantes(少し辛い)」というように、ser動詞を使っています。

これは、もともとその味に仕上げられている本質的な特徴だからです。

一方estar動詞を使うのは「今日のスープはちょっとしょっぱくなってしまった」というように、いつもとは違う味を表現する時。

一時的な味覚や変化する状態を表す場合には「estar動詞+形容詞」になります。

味を表すスペイン語

スペイン語のメニュー表を見ると、時々、味の特徴が書かれていることがあります。

特にdulce (甘い)、picante(辛い)は料理名やソース名の中によく登場します。

海外のメニューでは細かな素材名まで理解できないことがあるかもしれませんが、味を表す単語をヒントにしてみてください。そのほかにも、味に関する単語をまとめて覚えておきましょう。

  • 甘い = dulce
  • 辛い = picante
  • 酸っぱい = ácido
  • しょっぱい = salado
  • 苦い = amargo
  • 薄い = soso
  • 濃い = fuerte
  • さっぱり = ligero
  • こってり/ 重い = pesado
  • まろやか = suave

おわりに

料理の感想を伝える時にはこれらの単語が役に立ちます。「está rico(おいしい)」だけではなく、具体的な味の特徴も言えるように表現力をつけていきたいですね。

ちなみに、今回の会話ではマグロのメニューを例にあげましたが、実際にスペインではマグロがよく料理に使われます。

最近はたたきや刺身を扱う店も増えてきました。日本とはまた違うスペインのマグロ料理も、現地に行ったらぜひ試してみてください。

スペイン語を学ぶのに最適な方法は、マンツーマン【無料体験実施中!】

教科書を使って基礎から文法、検定対策などもOK。ベテラン講師だから完全初心者の人も安心。私達と一生使える完全なスペイン語を身につけませんか。

まずは、講師検索(無料)

関連記事(スペイン語勉強)

365日毎週届く無料のスペイン語メルマガ
開く(購読無料)