スペイン情報

バルセロナ観光・ガウディめぐり

¡Hola Todos! みなさんこんにちは。今回は芸術の町バルセロナへご案内しましょう。

年間を通じて温暖な気候 で、美しいビーチを誇り、モデルニスモ芸術の栄える町でもあります。 中でも有名なのが、ガウディの建築群。今回はガウディの作品をメインに紹介いたします。

バルセロナといえばガウディ

Javier :  La semana pasada fui a Barcelona con mi familia.

先週家族とバルセロナへ行ってきたよ。

Taro  :  ¿Ah sí ? ¡Que envidia! ¿Has visto las obras de Gaudí?

本当?いいなあ!ガウディの作品見た?

Javier :  Sí, La Sagrada Familia, Casa Batlló, Casa Milá…

うん。サグラダ・ファミリア、カサ・バトリョ、カサ・ミラ・・・。

Taro :  Serán preciosas…

きれいだろうなあ!

19世紀から20世紀にかけて活躍した、カタルーニャ出身の天才建築家アントニ・ガウディは、バルセロナの町に多くの建築物を残しました。

ガウディ独特の建築様式は、今でも多くの人々を魅 了し続けています。

100年以上建設中!未完の教会

ガウディの作品の中で最も著名なのはこちらの ”Basílica de la Sagrada Familia(サグラダ・ファミリア聖堂)”。

ガウディが設計し1882年より建設を開始して以来、現在も工事が続けられています。(完成は2026年の予定だとか。)

空に高くそびえ立つ塔や、精巧に彫られた彫刻たちが飾られた門など外観の見事さはもちろんのこと、聖堂内も圧巻です。

光に包まれて様々な色に輝くステンドガラスに見とれること間違いなし。

カサ・バトリョ

まるで海の中にいるかのよう

バトリョ家のためにガウディが設計したこちらの建物 ”Casa Batlló(カサ・バトリョ)”のテーマは海。

青色を基調とした色使いや、カーブを描く窓のデザインが海を連想させます。

自然光をとりいれて、光と色を上手く調和させているガウディの技術に注目。2005年には世界遺産にも登録されました。

カサ・ミラ

別名・石切り場

カサ・バトリョが海をテーマにしていたのに対し、こちらのCasa Milá(カサ・ミラ)は山をテーマにガウディが設計したものです。

石を積んだような様相をしているため、別名 ”La Pedrera(石切り場)”とも呼ばれており、独特な形をした煙突がある屋上は見所の一つ。

また、世界遺産でありながら、建設当時から現在も数世帯が住み続けているアパートでもあるのです。

おわりに

いかがでしたか?ここに紹介した以外にも、ビーチ・バルセロネータやカテドラル(大聖堂)など、バルセロナは見所がたくさんの町です。

流行にも敏感で、洋服やアクセサリーショップも立ち並んでいるので、ショッピングにも最適。

海や山などの自然も豊かで、芸術も楽しむことができるバルセロナ、ぶらぶらと町歩きを楽しんでみてくださいね。

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP