スペイン体験

スペイン人がクリスマスシーズンに食べるデザート

¡Hola todos! 前回、前々回とスペインやスペイン各地域のデザートを見てきました。

今回は、クリスマスシーズンに食べられるデザートをご紹介。どのお菓子も古くから伝わる伝統あるお菓子で、それぞれの家庭で昔からオリジナルレシピが伝えられていることもあります。

クリスマスのデザート

Taro  : Ya falta poco para la Navidad.

もうすぐクリスマスだね。

David : Sí. Ayer mi madre hizo turrón.

うん。昨日お母さんがトゥロンを作ったんだ。

Taro  : ¿Turrón? ¿Qué es?

トゥロン?何それ?

David : Es un postre típico de la Navidad en España.

スペインのクリスマスの代表的なお菓子さ。

Turrón

アーモンドなどのナッツ類と、ハチミツや砂糖から作られるこちらのお菓子。日本ではヌガーと呼ばれることが多いかもしれません。

スペインのトゥロンは種類が豊富で、やわらかいものと固いものがあります。

やわらかいものはアーモンドの油脂が多く入ったまろやかな口どけを楽しむことができ、固いものはアーモンドのしっかりとした歯ごたえを感じることができます。

他にも、チョコレートでコーティングしたトゥロンやピーナッツを使ったトゥロンなど、様々なバリエーションがあります。

Polvorón

前回とりあげたためここでは詳しくはとりあげませんが、アンダルシア発祥のこちらのクッキー「ポルボロン」は、スペインのクリスマスに欠かせないお菓子です。

口に入れた途端に崩れてしまう柔らかさが人気の秘密です。それぞれの家庭に伝わるレシピで毎年手作りする家庭も多くあります。

Roscón de Reyes

1月6日は、スペインで、特に子どもたちにとって特別な日となっています。

日本では祝われていませんが、この日は ”Reyes de Magos(東方三賢人の日)”の日。

キリストの誕生後、この日の夜明け前に東方の三賢王と呼ばれるメルチョール、ガスパール、バルタサールが贈り物をもって現れたというエピソードに由来しています。

この日は子どもたちに贈り物が贈られる、日本でいうクリスマスのような日です。もちろん、子どもだけでなく大人たちもプレゼントを交換したりします。

【ロスコンで運試し?】

スペインでは祝日のこの日、輪っか型のケーキ「ロスコン」を食べるのが伝統となっています。

パンのような生地に砂糖漬けしたフルーツやゼリーなどが飾られたカラフルなお菓子で、チョコレートや生クリームが入ったものもあります。

ただおいしいだけではなく、ロスコンには秘密が・・・。中に小さな人形とソラマメが入っているのです。

ロスコンをそれぞれに切り分けて、人形が当たった人には幸運が訪れると言われています。

一方ソラマメが当たった人はハズレで、ロスコンの代金を払わなければいけません。

1月6日は、スペインのクリスマスシーズンの最終日でもあり、家族が集まって楽しく過ごす時間です。

おわりに

いかがでしたか?スペインのクリスマスは約2週間と長く続き、離れて生活している家族達が久しぶりに集う大切な時間です。

そこに、上に紹介したおいしいお菓子は欠かせません。

トゥロンやポルボロンは、クリスマスシーズン以外でもスーパーやカフェで売られているので、スペインにお越しの際は是非食べてみてくださいね。

インターネットでレシピを調べて家で作ってみるのも楽しいかもしれません。

今回のスペイン語での表現は、覚えられましたか?(スペイン語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でスペイン語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがスペイン語教室エスパ。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

おすすめスペイン語レッスン

最近のスペイン語レッスン

PAGE TOP